美肌を保つために大切な洗顔方法

美肌の洗顔方法について

美肌を維持するためには、しわやしみ、毛穴などの肌トラブルを予防しなければなりません。
これらは見た目は違えど、ほとんどが肌の乾燥によって起こる症状ですので、日ごろから乾燥を防ぎうるおいを逃さないことが大切なのです。

洗顔方法を間違えると肌トラブルが悪化します

そういったケアの中でも、必要な皮脂までをも取り除いてしまいがちな洗顔はとても重要であり、ここでうるおいを残さない洗い方をしてしまうと、肌は乾燥しやすくなり美肌とは程遠くなってしまいます。

そんな洗顔では、まず使用する洗顔料を見直し、洗浄力の強いものや洗いあがりがつっぱるものは避けるようにします。
そして洗うときは泡立てネットなどを使って濃厚な泡をつくり、その弾力にて顔をマッサージする感覚で洗っていきます。
このとき注意したいのは、泡ができたら適当に肌に乗せるのではなく、皮脂が多く分泌されやすいTゾーンから洗うことです。
正しい洗顔方法の順番は、まず皮脂の多い鼻から先に洗い、角栓がつまりやすい小鼻の汚れを丁寧に落としたあと、汚れがたまりやすいあごの部分に移ります。
汚れをしっかり落とさないと毛穴が開きがちになり、汚れが入り込み黒ずみが目立ってくることもありますので、しっかりマッサージしたいです。

スクラブ洗顔は毛穴の黒ずみを解消するのか

そのあと、Tゾーンの残りのおでこに泡を乗せやさしく洗ったあと、最後にUゾーンの頬を洗うようにしていくと、洗い方に時間差ができます。

また、美肌のためには洗顔料を洗い流す際のお湯の温度やすすぎ方も関係してきます。
あまり熱すぎると、せっかく残していた大切な皮脂まで落ちて、肌への負担となり乾燥しやすくなってしまいます。
それにキレイなぬるま湯で何回もすすぐようにして十分に泡を落とさないと、表面に泡が残りニキビなど肌荒れの原因となる可能性もあります。
それゆえに正しい洗顔方法は、すすぎのときだけは洗面器にぬるま湯をためるのではなく、流水にてだいたい20回を目安にして汚れと泡を落とすのが理想的だと言えます。
このとき過剰に洗いすぎると肌にダメージとなる場合もありますので、その点も覚えておきたいです。