スクラブ洗顔は毛穴の黒ずみを解消するのか

スクラブ洗顔の毛穴について

最近なんだか肌がくすんでいる、荒れているように見えるというとき、実はそれは毛穴の黒ずみが原因かもしれません。
鏡に近づいてよく見てみると、鼻や頬に黒い点々が無数にあってビックリという方も少なくないでしょう。
これは、毛穴に汚れが詰まって、それが酸化して黒くなってしまったものです。
長年かけて、皮脂やほこりなどが詰まって固まって、古くなってしまったものなのですね。
毎日ちゃんと洗顔しているのにどうしてそんなことになるのかと思うかもしれませんが、普通に顔を洗っていても奥の方の汚れに泡が届かず、結局奥に汚れが残ったまま終了しているからなのです。
ましてや黒くなっているということは長い間詰まっているものですから、すっかり固くなって取れにくくなっています。
そんなときに有効とされているのがスクラブ洗顔ですね。
スクラブには研磨するというような意味があり、洗顔量の中に超微粒子が入っていて、これが奥までもぐりこんで汚れをかき出してくれるという洗顔料です。
確かに、普通の洗顔量と比べて汚れをかき出す効果は高いものといえるでしょう。
しかし、むやみやたらとスクラブ洗顔するのはあまりお勧めできません。
なぜかというと、超微粒子とはいえあまりゴシゴシやると肌を傷めるからです。
それに、毎日使用しているとどうしても乾燥を招くことになります。
乾燥すると皮脂分泌が多くなってしまい、ますます汚れが詰まる結果になります。
ですから、スクラブ洗顔の方法にもコツがあるということですね。
まず頻度は週に1,2回くらいにとどめておいた方が良いでしょう。
そして、洗うときはゴシゴシ擦らずにしっかり泡立て、泡をゆっくり動かして洗うことです。
洗顔後はぬるま湯で優しく洗い流し、そのあとしっかり保湿するということが重要です。
これはスクラブ洗顔に限らず、毎日の洗顔のときも大事なことです。

洗顔方法を間違えると肌トラブルが悪化します

乾燥して皮脂分泌が増えると、黒ずみだけでなくニキビなどのトラブルの原因になりますので、スクラブ洗顔は気をつけて行うようにしましょう。